HOME > 買取と仲介の違い
買取と仲介の違い
通常、不動産やマンションを売却する際には「仲介」と「買取」の2種類がありますが、
不動産の売却で一般的なのは「仲介」になります。
「仲介」とは、あくまでマンションを売りたいお客様(売主様)と、買いたいお客様(買主様)をスムーズに結び付ける事を言います。
「仲介」のメリットとしては、一般的に市場価格で売れる(もしくは市場価格以上で売却できる可能性もある)ので金額的に高く売れるということが言えますが、デメリットとしては売却までに時間がかかる場合もあります。
「買取」とは、その名の通り、不動産会社がお客様(売主様)の不動産やマンションを直接買取ることを言います。
その場合、不動産会社は買取った後、リフォームなどをしてその物件の価値を高めて再販売する事で利益を得るのが通例です。
「買取」のメリットとしては、売却に時間がかからないという事がいえますが、デメリットとしては「仲介」で売却するよりも金額が安くなります。
したがって、時間がかかっても少しでも高く売りたい方は、「仲介での売却」をお勧めします。
その反面、「周囲に知られたくない」・「生活しているところを他人に見せたくない」・「買い替えの為あまり時間がない」といったご事情のお客様は「買取による売却」をご検討下さい。
なお、リーガル不動産株式会社では、大変好評な売却方法!仲介と買取の「ミックスプラン」もご相談受付しております。
「ミックスプラン」とは、まず仲介で販売活動を行い、あらかじめ決めていた期日までに売却ができなければ、当社が直接買取りを行う売却方法。次の生活への予定が組めるので大変ご好評頂いております。
※「仲介」「買取」「ミックスプラン」3つそれぞれのメリット・デメリットを詳しくご説明させていただきます。お気軽にフリーダイヤルまでお問合せ下さい。
今すぐ無料査定・無料相談ならこちらから
運営会社情報
外観
店内
リーガル不動産株式会社
〒815-0035
福岡市南区向野2-14-7-1F
営業時間:9:00~18:00
電話番号:0120-781-303
スタッフ紹介
スタッフブログ