不動産売買で知っておきたい!マンション相場の調べ方|福岡のマンション売却・買取ならリーガル不動産

お気軽にお電話下さい
フリーダイアル 0120-781-303
お問い合わせ LINEお問い合わせ
電話アイコン メールアイコン LINEアイコン

トピックス

お役立ちコンテンツ

不動産売買で知っておきたい!マンション相場の調べ方

2020.06.07

不動産売買を行う際、売り出し価格が適正であるか、資金計画はしっかりと立てられているかなどが重要となります。トラブルに巻き込まれないためにも、正しい相場の調べ方を知っておきましょう。

マンション相場を知ることが大事な理由

マンションの売却で大切なのは、相場をきちんと理解することです。相場を知ることは適切な価格で売却するためだけでなく、不動産取引における失敗を減らすことにもつながります。それでは相場を知ることが大事な理由を詳しく見ていきましょう。

適切な売り出し価格の判断基準のためにマンションの売却では大きなお金が動く場合が多く、それだけ業者によって買い取り価格には差が出るのが普通です。そのため、マンション売却では後からもっと高く売れる業者を知って「あのとき他の業者で売っておけばよかった」と後悔することもあります。マンション相場を知っておくことで、適切な売り出し価格の判断基準を知ることができます。後悔しないためにも、売ろうとしているマンションの適正な価値を知っておくことは大事です。売ろうとしているマンションの相場が1000万円だった場合、900万円で売るのと1100万円で売るのは200万円も変わりますよね。金額が大きい分、ちょっとした誤差でも動くお金は大きくなるので相場の把握は大切です。

大まかな資金計画を立てるために

マンションを売る目的は人によってさまざまです。ローンが支払えなくなったという人もいれば、新しい不動産に買い替える、投資用として売却する人もいるでしょう。しかし、マンションを売ってお金が入るという点はどれも共通しています。マンション相場を把握しておくことは、大まかな資金計画を立てるために欠かせません。住宅ローンが残っているマンションなら、どれくらいで売れるかによって残るローンも大きく変わります。大まかな資金計画を立てるためにも、売ろうとしている不動産の相場を知っておくことは大事です。資金計画を元に売却を進めていくと、業者の口車に乗せられてしまう可能性も減らせます。

トラブルに巻き込まれないために

マンション相場を正しく理解することは、トラブルに巻き込まれないために重要です。マンション売買は業者を通して行うのが一般的で、動くお金が大きいだけでなく、手続きも煩雑で時間もかかります。相場を知らないと、売却を進めていく中で「他の売り方の方が高く売れた!」、「もっと高く売れる業者が見つかった」、「信頼できる業者ではなかった!」など、新しく気付くことがあるかもしれません。しかし、契約書を交わしてしまった以上、簡単にマンション売却の手続きを止めることはできません。トラブルに巻き込まれないためにもマンション相場を正しく理解する必要があります。

マンション相場の調べ方で知っておきたい3つの指標

マンション相場が知りたくても調べ方が分からない!と言う人もいるでしょう。相場の調べ方にはいくつか方法があります。
まずは地価公示価格と路線価格と基準地価格の3つの価格を知っておきましょう。

地価公示価格

地価公示価格とは、都市計画区域外で設定された公示区域の1月1日時点の正常な価格を調査・公表する制度を地価公示と言い、これによって提示される価格が地価公示価格になります。 地価公示価格は不動産取引の指標となり、固定資産税や相続税評価、企業会計における時価評価にも活用されます。
地価公示価格は国土交通省の土地総合情報システムで調べられるので、まずは不動産がある場所の公示価格を調べておきましょう。

路線価

路線価は、国税庁が毎年8月頃に発表している「道路に面した標準的な宅地1平方メートルあたりの土地の評価額」です。地価公示価格や売買実例、不動産鑑定士による評価などを元に定められています。路線価の調べ方は国税庁が公表している路線価図を参考にしてください。国税庁のホームページから閲覧することが可能です。路線価を把握しておけば、買い取り査定価格の判断に役立つでしょう。ただし、実勢価格を予想しても「実際に価格査定を受けたら違いがかなりあった」というケースもあるので参考の1つとして考えましょう。

基準地価

基準地価とは、各都道府県が選んだ基準値の価格です。都道府県知事が毎年基準値の価格を判定しており、適正な土地価格の形成を目的にしています。公示地価と違って都市やその周辺の地域という縛りがないため、公示地価の補完的な役割です。基準地価の調べ方は地価公示価格と同じで国土交通省のホームページから分かります。
公示地価と重なる地点については基準化が参考にされない場合もありますが、2つの調べ方をしている地価を比較することによって土地の大まかな相場が把握できます。

マンションの簡単な相場の調べ方

マンションの相場の調べ方として地価公示価格や路線価、基準地価などがありますが、この情報だけでは正しい相場の把握は難しいです。これらの情報を踏まえ、マンション売買情報や土地総合情報を考慮して相場を調べる必要があります。

マンション売買情報をチェック

ネット上にはマンション売買情報が掲載されている不動産ポータルサイトがたくさんあります。「自分が売ろうとしているマンションと近い条件のマンションがどれくらいで販売されているか?」をチェックしていくと、大まかな相場が見えてきます。ただし、マンション売買情報で販売されているマンションの価格は売り出し価格であり、成約した価格ではありません。

レインズ・マーケット・インフォメーションを確認する

不動産の売却を進めていくと、レインズというワードを見かける機会も増えます。レインズは不動産流通標準情報システムで、全国の不動産物件の情報が集められている総合サイトのようなシステムです。レインズは登録した不動産会社しか閲覧できませんが、レインズに登録される物件はどの不動産会社でも同じ内容です。複数の不動産会社を回らなくても1つの不動産会社ですべての物件情報の収集ができます。該当地域を検索すると、過去売買が成立した物件価格・土地面積・建物面積・間取りなどの確認が可能です。これらの情報を元に売ろうとしているマンションの相場把握に役立てることもできます。

土地総合情報から予想する

土地総合情報とは、国土交通省が運営している不動産の取引価格や地価公示、都道府県の地価調査価格が閲覧できるwebサイトです。誰でも簡単に利用することができて、不動産市場の信頼性や透明性を高めるために設置されたシステムになります。土地総合情報は、不動産の取引相場を広く一般の人に知ってもらうために生まれました。中古マンションの情報も調べることができるので、売ろうとしているマンション相場の把握にも役立つでしょう。ただし、中古マンションについては取引総額のみの表示となるので、これだけで完全にマンション売却の相場判断ができるわけではありません。不動産売買情報やレインズの情報なども照らし合わせて総合的に相場の判断をしていく必要があります。

まとめ

マンションの相場の調べ方について紹介しましたが、マンションを正しく売るためにも売却する自分自身がきちんと知っておく必要があります。相場を知ることは、損をしないだけでなく、不動産売買のトラブル防止にもつながるでしょう。また、価格指標やウェブサイトで知ることができる数値はあくまで相場情報であり参考値の1つです。売ろうとしているマンションは世界に一つだけの物件であり、同じ条件の不動産は存在しません。数値だけで判断するのではなく、複数の不動産業者に見積もりしてもらうのも相場の調べ方としては有効です。マンションを売った後で後悔しないためにも、相場はきちんと調べておきましょう。その上で納得してマンション売却できるのが理想の形です。

最後までお読みいただき有難うございました。

福岡のマンション売却・買取は
リーガル不動産にお任せください

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-781-303

    営業時間/09:00〜18:00

  • メールでのお問い合わせ
    無料査定をする

    24時間受付中

  • 来店でのご相談
    お問い合わせはこちら

    営業時間/09:00〜18:00

  • FAXでのお問い合わせ
    092-559-3761

    24時間受付中