仲介と買取の違い||福岡のマンション売却・買取ならリーガル不動産

お気軽にお電話下さい
フリーダイアル 0120-781-303
お問い合わせ
電話アイコン メールアイコン

仲介と買取の違い

不動産売却方法「仲介」と「買取」の違い

一般的に不動産を売却する際に、方法として「仲介」と「買取」の 2種類があります

  • 仲介の場合
    不動産会社に購入希望者(買主)を探してもらい売却を行います。
  • 買取の場合
    不動産会社があなたの不動産を買い取ります。つまり不動産会社が直接買主になります。

「仲介」と「買取」は売却価格・売却までにかかる期間・売却の手順にも大きな違いがありますので、それぞれのメリット・デメリットをよく理解して、ご自身に合う売却方法を選択しましょう!

仲介 買取
買主 不動産会社が探してきた購入希望者 不動産会社
価格 相場価格と大差なく売ることができます。 仲介より売却価格は低くなりがちです。
要する期間 購入者を探し、その後条件交渉などが発生するため比較的時間がかかります。 買い手が不動産会社になるため、買い手を探す手間や条件交渉の時間が軽減できます。仲介に比べ比較的短い期間で売却可能です。
仲介手数料 仲介手数料が発生します。 不動産会社が買主になるため不要です。
広告宣伝 インターネット・チラシなど物件情報を掲載し広告活動を行います。
※周りに極力知られたくない場合はご相談ください。
不動産会社が買主になるため不要です。
メリット 相場価格と大差ない価格で売却できる可能性があります。
時間をかけて購入希望者を探すことで、より良い条件で売却できる可能性があります。
売却の可否が判明すれば比較的短い期間で売却可能です。
仲介手数料がかかりません。
広告を出さないので、周囲に気づかれず売却可能です。
デメリット 売却まで長期間、時間を要する場合があります。
購入希望者の内覧希望に都度対応する必要があります。
仲介より売却価格が低くなりがちです。

「仲介」「買取」どちらでもお気軽にご相談ください。お客様に最適な売却方法をご提案致します。

福岡のマンション売却・買取は
リーガル不動産にお任せください

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-781-303

    営業時間/09:00〜18:00

  • メールでのお問い合わせ
    無料査定をする

    24時間受付中

  • 来店でのご相談
    お問い合わせはこちら

    営業時間/09:00〜18:00

  • FAXでのお問い合わせ
    092-559-3761

    24時間受付中