分譲マンションとは?〜賃貸との違い、メリットやデメリットなど〜|福岡のマンション売却・買取ならリーガル不動産

お気軽にお電話下さい
フリーダイアル 0120-781-303
お問い合わせ LINEお問い合わせ
電話アイコン メールアイコン LINEアイコン

トピックス

お役立ちコンテンツ

分譲マンションとは?〜賃貸との違い、メリットやデメリットなど〜

2020.10.14

マンションというと外から見るだけでは、同じような建物に見えますが、実は大きく『分譲マンション』と『賃貸マンション』の2種類に分けることができます。マンションで暮らしたいと思う場合に知っておきたい、分譲と賃貸の特徴や違い、メリットやデメリットを知っておきましょう。

分譲マンションとは?

 

 

分譲マンションの分譲とは「分割譲渡」を略した言葉です。簡単に言うと、土地もしくは建物の区分けをして販売しているものです。マンションの場合、1棟そのものではなく、1戸ごとに区分けをした上で販売しています。

賃貸との大きな違いはナニ?

賃貸マンションとの大きな違いは、賃貸マンションにはオーナーがいて一戸ずつ賃貸として出されており、入居者はオーナーに家賃を払って暮らしています。
一方、分譲マンションは一戸一戸に暮らしている人はそれぞれ所有者であるということが大きな違いです。分譲マンションは、長期間暮らすことを念頭に建築されたものですので、設備が充実しているのも大きな特徴です。

分譲マンションがオススメな人

賃貸マンションはずっと家賃を払い続ける必要があります。現在は問題がなくても、退職後もずっと同じ額の家賃を払い続けられない可能性も出てきます。
分譲マンションは、自分自身が所有者ですので、家賃を支払う必要がありません。自分の城に暮らしたい、長期間安定して暮らしたいという方に分譲マンションはおすすめです。

分譲マンションを買う基本的な方法

 

 

分譲マンションを購入することを決めたら、具体的にどのような手順で進めていけば良いのでしょうか。

分譲マンション購入の進め方

まずは、不動産会社やポータルサイトなどを利用して、分譲マンションの物件情報を集めて、自分や家族にとってぴったり合う物件を探していきます。気になる物件があれば、モデルルームや実際の部屋を見学します。
納得のゆく物件を見つけたら購入の申し込みを行い、マンション販売会社と契約を結びます。住宅ローンを組む場合は、同時に審査が行われます。契約が完了すると融資が実行されます。引き渡しが行われ、マンションに暮らすことができます。

分譲マンションの相場

分譲マンションと言っても、販売されている価格には大きな幅があります。おおまかな相場を調べるには、いくつか方法があります。

不動産会社のポータルサイトで調べる

まずは、不動産会社のポータルサイトを検索して実際に売りに出されている物件情報を調べます。自分が暮らしてみたいエリア、間取り、築年数などによって細かく絞り込めますので、結果を見ればおおよその相場が分かります。

マンション相場サイトで調べる

マンションマーケットやレインズ等、全国各地、マンションの相場データがまとめられているサイトもありますので、こちらからも調べることができます。

土地総合情報システムで調べる

さらに、国土交通省による「土地総合情報システム」でも相場の確認が可能です。数年分のデータが集約されており、国のデータなので信頼できます。

分譲マンションのメリット・デメリット

 

 

分譲マンションに暮らす場合、メリットもあれば、その分デメリットもあります。それぞれについて、具体的にご紹介いたします。

メリット

分譲マンションは、何十年という長いスパンで快適に暮らすことを目的とした集合住宅です。大きなメリットとして、暮らしやすく、便利で設備が充実していることが挙げられます。
近年問題となっている、宅配便の不在時でも受け取られる宅配ボックスや、時間を気にせずにいつでも出せるゴミステーション、ディスポーザーなどが設置されているところが多いです。マンションによっては、キッズルームやゲストルーム、住民専用のジムなどがある物件もあります。
また、オートロックが何重にもなっている、防犯カメラの設置などセキュリティ面でも安心です。また、分譲マンションは自分が所有者ですので、もし事情があって暮らせなくなった時には、分譲賃貸として貸し出すことも可能です。

デメリット

分譲マンションのデメリットとしては、資金面の負担が大きいことが挙げられます。購入の場合には、住宅ローンを組むことがほとんどのため、長期間の返済が必要となります。また、販売価格のみを支払うだけでなく、諸費用として別途に資金が必要です。
さらに、分譲マンションは集合住宅ですので、月々の管理費、そして定期的なメンテナンス、大きな修理のための修繕積立金等がかかります。さらに専用部分の設備の修理費や、固定資産税などは別途かかってきます。

分譲マンション選びのコツとポイント

分譲マンションを実際に購入したいと思ったら、どういった点に注意して物件を選べばよいでしょうか。マンション選びのコツとポイントを詳しくご紹介いたします。

エントランスや設備

分譲マンションで実際の物件を見学できるのであれば、まずエントランスをチェックしましょう。マンションのエントランスは、マンションの顔ともいえる部分で、管理の状態を表しています。 清掃がしっかり行われているか、管理体制はどうなっているか、郵便受けや宅配ボックスにゴミなどがあふれていないか確認しましょう。 また駐車場や駐輪場、ゴミ捨て場など住民が共同で使用する設備のチェックも入念に行っておきましょう。

エレベーター

分譲マンションのエレベーターは、最も使用される共用の設備です。特に戸数が多い高層マンションの場合では、エレベーターの大きさや待ち時間なども考慮に入れておく必要があります。 エレベーターそのものが小さいと、引っ越しの時に大きな荷物が載らずトラブルになってしまう可能性があります。戸数が多いのに、エレベーターが1基しかないと、通勤時間帯に渋滞が起こることもあります。 また、密室になってしまうエレベーターでは、セキュリティ面に考慮しているかどうかも重要なポイントです。

ローンや資産形成

分譲マンションは大きな買い物になりますので、あらかじめ資産計画をしっかり立てておくことが大切です。無理にローンを組み、憧れのマンションを購入しても、住宅ローンが払えず手放すことにもなりかねません。 また長く暮らすつもりであっても、将来ライフスタイルが変わって手放すことも考慮しておきましょう。資産価値が高い分譲マンションを選ぶことも大切です。
さらに住宅ローンの支払いだけでなく、管理費や修繕積立費、固定資産税などの、暮らすうえで必要となる費用も発生することも考えておきましょう。たとえば、マンション全体で大がかりな修繕工事が必要となった場合、1戸あたり数十万という修繕費用負担が発生することもあります。
マンション購入の際には、収入とトータルの出費を考えて、無理のない予算を立てローンを組むようにしましょう。

 

 

分譲 vs 賃貸〜結局どっちが良いの?

分譲マンションと賃貸マンションには、どちらもメリット・デメリットがあります。やはりずっと家賃を払い続ける必要がある賃貸と比べて「自分の持ち物=資産になる」という分譲マンションのメリットは大きなものです。 住宅ローンを完済すれば負担はとても軽くなりますし、「資産」ですので将来的に引っ越しをする必要が生じたとしても、分譲賃貸に出して家賃収入を得たり、売却して現金化することも可能です。

まとめ

 

 

賃貸マンションと分譲マンションのどちらが良いか、ということは、ライフスタイルなどによって変わってきますが、同じ場所で長く暮らしたい、自分の家を持ちたい、という安心感を得たい方には、分譲マンションがおすすめです。購入する事を検討してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき有難うございました。

福岡のマンション売却・買取は
リーガル不動産にお任せください

  • お電話でのお問い合わせ
    0120-781-303

    営業時間/09:00〜18:00

  • メールでのお問い合わせ
    無料査定をする

    24時間受付中

  • 来店でのご相談
    お問い合わせはこちら

    営業時間/09:00〜18:00

  • LINEでのご相談
    LINEでのご相談はこちら
  • FAXでのお問い合わせ
    092-559-3761

    24時間受付中